2016年12月07日

生涯賃金・・・。

皆さん、こんにちは。

かずモンキーです。

しばらく、間隔が空いてしまい、申し訳ありませんでした。

社会人の方で「一生この会社で勤め上げるんだ!」と決意をされておられる方にはつまらない話かもしれませんが、今日は生涯賃金について考えてみたいです。

生涯賃金を考えるときについて回るのが、最終学歴です。

最終学歴で生涯賃金は変わってきます。

もちろん、性別でも変わってしまいます。

統計で確認すると平均値になってしまいますが、状況確認という意味では重要と思いますので、今回は統計による平均値をベースにお話しします。

大卒男性で生涯賃金は2億5千万円(2013年)、女性で2億円(2013年)
高卒男性では2億円(2013年)、女性で1億3千万円(2013年)

となっています。

高いのでしょうか?

安いのでしょうか?

感じ方は人それぞれと思いますが、前回のブログで仕事に割かれる人生の時間の中の割合から考えるとかずモンキーは安く感じてしまいます。

しかも1997年の大卒男性の生涯賃金は2億9千万円ありました。
6年で4千万円も減っています。

この先も恐らくサラリーマンの生涯平均賃金は低下すると思います。
このことについては政治の問題も大きく絡んでくるので、今回は割愛します。

かずモンキーは人生をお金に全て換算することは空しいという、考え方を持っています。

自分自身が生涯に稼げる金額を調べ、知った時に安いなぁ・・・。

何か一山当てられないかなぁ・・・。と漠然と考えていましたが、社会人になり、社会の現実を知れば知るほど、そんなに世の中は甘くないことに気づきました。

何事にも前向きにをモットーに生きているかずモンキーでも後ろむきになりかけました(汗)

どうせこの程度の生涯賃金にしかならないなら、仕事に人生をつぶされるのはイヤだ〜!!

一昔前によく聞いた社畜にはならないと心に決め、自らの進む道を自らで決めていくことを決意しました。

@ 上司に媚びない。

A 正しいと思ったことは貫く。

B 楽しく仕事をする。

この3つを真っ先に決意し、実行しています。

まぁ、このおかげでこの時以降、転職を繰り返すことになるのですが・・・。

でも、後悔はなく、今も楽しんで仕事が出来ているのは先の3つの項目を実行できているからと感じています。

皆さんも今回の生涯賃金のデータをきっかけに、自分のこの先の人生をお金の価値のみでしか換算できないものにしてしまうのか、お金の価値だけでは換算できない達成感や充実感、などを含んだものにするのかを真剣に考えて頂ければ、かずモンキーはうれしくなってしまいます。

皆さんに幸多きことを祈念して。

では、また。


posted by かずモンキー at 12:46| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: